So-net無料ブログ作成

格安SIMを選ぶ前に抑えておきたいポイント

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクはMobile Network Operatorの頭文字を取ってMNOと呼ばれる通信回線網を自社で 設置、運用、独自に通信サービスを提供する移動体通信事業者。格安SIMのサービスを提供する企業はMobile Virtual Network Operatorの頭文字を取ってMVNOと呼ばれ、通信回線網を自社で 設置、運用せずに、MNOの提供する移動通信サービスを利用して、自社ブランドで通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者。

料金が安いということだけが先行して、安さ目当てで契約したけど、あとで違う! いったことがないように、格安SIM(MVNO)とキャリア(MNO)の違いを理解しておきましょう。
格安SIM
MVNO
キャリア
MNO
MNOの通信回線網を借りて通信回線網を自社保有
ネット販売が主流全国に実店舗
問い合わせ窓口は電話、ネットが主流問い合わせ窓口は実店舗、電話、ネット
端末と通信サービス(SIM)を別々に契約可能基本的に端末と通信サービスのセットで契約
オプションサービスは少なめ
料金プラン少なく分かりやすい
オプションサービスが充実
料金プラン多数で複雑
電波のつながるエリアはMNOに準じる電波のつながるエリアは日本全国
通信速度は借りるネットワークに依存通信速度は快適
メールアドレスの提供なし
もしくは有料提供
メールアドレス(キャリアメール)が無料提供
SMSは有料提供となる場合もSMSの利用可能
セット契約で販売される端末はおサイフケータイ対応端末少ないセット契約で販売される端末はおサイフケータイ対応端末多数
端末の修理期間中に代替機の貸し出しサービスがない。もしくは有料提供
端末の修理期間中に代替機の貸し出しサービスがある。無料提供

nice!(1) 

nice! 1